30代フリーター逆転の鍵は派遣と資格!?「かいご畑」で目指せ正社員!

働きながらタダで介護資格が取得できます。

一昔前までは、3K(きつい、汚い、給料安い)と言われていましたが、現在は大部分の環境が改善されています。

なぜなら、少子高齢化が進んでいること、介護士の数が圧倒的に足りなくなっているからです。なので今後も待遇が改善されていく可能性高い業界なのです。

無資格、未経験からでも可能。求人も多いので仕事がなかなか見つからない人でも就職することが出来ます。それをクリアするために「かいご畑」という求人サイトを利用します。

派遣の仕事をメインに紹介する会社ですが、タダで介護資格が取得でき、働く時間など要望も反映してくれるのでライフスタイルに合った仕事に就くことができます。登録は無料なので、求人をみておくだけでも参考になること間違いありません。

介護職は施設の職場環境によって、労働環境や人間関係が大きく左右されます。正社員と違い派遣社員であれば、早めの損切りが出来るのでリスクを考慮してもベストな選択です。


正社員にこだわる場合は、「マイナビ介護職」が求人数を豊富に抱えていることから、ほぼ一択です。

日本の企業はこれから深刻な人手不足の時代を迎えるらしいよ

売り手市場がずっと続くんだって

新卒じゃなくても就職余裕だわ(笑)

こんな楽観的な話を信じて良いのは20代まで。

非正規のまま30代を迎えたそこのあなた!たとえこのまま売り手市場の時代が続いたとしても、日本の会社はどこまでいっても若手至上主義です。

とくに30歳を超えて職歴も無しとなると、選べる求人は大半がブラックばかり。

世の中に正社員求人は腐るほど出回っていますが、そのうち『快適に働けてそこそこ待遇も良いホワイトな求人』はほんの一握りです。その少数の求人を、30代のあなたが20代の若手と奪い合って勝ち取れるでしょうか?

30代を迎えると、面接はおろか、書類選考すら通過しないこともよくあります。人気の高いホワイト求人であれば、即戦力となる30代しか相手にされません。

厳しい現実ですが、【30代を迎えた職歴なしフリーターのあなた】に残された選択肢はほとんどないのです。

周囲の同年代を見渡してみてください。

  • 昇進して役職に就いている人
  • 結婚して子どもを授かり、幸せな家庭を築いている人
  • 年収500~600万を突破し、優雅に独身貴族を謳歌している人

20代でちゃんと正社員として就職した人たちは、自分たちの人生を着々と、確実に歩み進めているではありませんか。

それにくらべて30代フリーターの自分はどうでしょう。ろくに正社員経験がなく、あったとしても数か月~1年や2年程度の役に立たない経歴ばかり。

いくらアルバイトやパートが長続きしたって、所詮は非正規です。

今から就職活動をいくら頑張ったところで、企業の採用担当者の目には「考えもなしにフラフラしているちょっと危ない人材」としか映らないのではないでしょうか。

私だけ世間から取り残されている・・・?

もう就職も結婚もムリ。諦めた

将来はホームレス、生活保護、または日雇いからの孤独死

こんな話をすると、ついつい暗い想像をして不安になってしまいますよね。

でも、ちょっと待ってください。

本当に30歳を過ぎると正社員になれず、幸せな”普通の人生”を手放さなければならないのでしょうか?

私は、今の時代だからこそ、30代ならまだやり直せることを知ってほしくてこの記事を書きました。

というのも近頃、私は職場で、長年フリーターをしてきた人たちが正規雇用の仕事に就いて、人生をやり直している姿を見ることが多くなっていると感じているからです。結婚をし、子どもに恵まれ、良い車に乗り、一軒家を持つ人だって大勢見てきました。

どうしたら30代職歴なしのフリーターが人生を逆転させ、普通の幸せを掴めるのか。

今回は私が、周囲の「再チャレンジに成功した30代フリーターの人たち」から学んだ、一生モノの仕事を得る方法をご紹介します。

この方法は、新卒で就職した会社をたったの2ヶ月で辞め、10年以上フリーターとして過ごしてきた私の友人が実際に使って正規雇用にありつけた方法です。なので、再現性はかなり高いと思います。

現状や将来に不安があって夜も眠れないくらいなら、行動を起こして安心を手に入れませんか?この方法なら、たったの1年後、いや、半年後にはあなたはちゃんとした仕事に就けて、人生再建の第一歩を踏み出していることでしょう。

 

30代フリーターは一生非正規の可能性大!その悲惨な末路とは・・・

フリーターの暗い将来を暗示する写真

いきなりでごめんなさい。最初に少し耳の痛い話をします。

もしかしたらすでに薄々感じていることかもしれませんが、30代職歴なしのフリーターが就ける仕事には、まともな職場がほとんどありません。

これは私の友人の話を聞いてもそう思います。

彼は約2年もの間、ブラックな求人を避け続けて就職活動を続けていましたが、一向にまともな仕事にありつけませんでしたから。

とくに日本社会は若手志向です。29歳と30歳では、たったの1年しか違わないにも関わらず、ありつける求人の質と量には天と地ほどの差があります。

ネットではこの現象が「30代の壁」なんて言葉で表現されたりもします。

日本では、30代ともなれば「正社員として一定の職歴を積んでいる即戦力」とみなされます。実際にその分野である程度の経験とスキルがあれば問題はありませんが、ずっとフリーターをしてきて即戦力を求められても困りますよね。でも、それが現実なんです。

実際に、30代で職歴なしフリーターは面接官の印象が悪いです。人事の友人がいるのですが、内心ではこう思っているそうです。

今までどこにも雇ってもらえなかったってことは、どこかに問題があるのでは?

もしかしたら仕事が長続きしない人なのかも

ウチの職場に馴染めるだろうか?

悲しいことに、まずは疑いの目が向けられてしまうのですよね。

これが、29歳であれば「まだ若いから」と、ポテンシャル重視で採用されたりします。変な目で見られることもありません。

35歳を超えると就職の難易度はさらに上がります。40代、50代を迎える頃にはアルバイトですら受かりにくくなります。私の職場にいる元40代男性アルバイターは、アルバイトの面接を8社受けて1社しか受からなかったと言っています。

就職活動が難航すると、

自分は世の中から必要とされていない人間なんだ」「自分にできる仕事なんてもうない」「正社員の仕事はもう諦めよう

そんな後ろ向きな思いが湧いて出てしまうのも頷けます。

たしかに、50代や60代でもフリーターをしている人は大勢います。それも一つの生き方です。誰も否定はできません。

でも、心身が元気なうちはいいですが、一生非正規のままで食べていけるでしょうか?過酷な肉体労働を続けられるでしょうか?

高齢のフリーターになると、30代の今では想像もつかないような困難や苦労が待っています。

職場の居心地が悪くなる

一般的に非正規の仕事は誰でもできる仕事がほとんどですから、そこで働く人は学生や専業主婦、社会人経験が少ない20代フリーターが多くなります。そこに高齢フリーターが新人として入るわけですから、必然的に上司や先輩は年下の人になるでしょう。

年齢差は1歳や2歳ではありません。子や孫ほどの年齢の若者が自分の上につきます。

あなたにもプライドがあるはずです。娘ほどの年齢の女子高生に指図されたり、怒られたりすることに耐えられるでしょうか?大学生がワイワイ仲良くしている職場で、高齢のあなたが馴染めるでしょうか?

残念なことに、高齢のフリーターは職場の仲間から色眼鏡で見られることが多いです。「何か事情があるんだろうな。あまり関わらないでおこう」と。だからみんなよそよそしい。まるで腫物扱いです。なかには陰で心無い陰口を言う子だっているかもしれません。

そのような職場で、安心して働くことができるでしょうか?きっと毎日が地獄だと思います。

おじいさん・おばあさんになっても肉体労働

高齢フリーターにできる仕事は限られます。高度なスキルが必要な仕事は当然ありません。となると、残されるのは誰にでもできる単純な仕事です。

そして、単純な仕事は多くが肉体労働です。工場とか、立ちっぱなしのレジ係や接客係とか、工事現場とかです。元気なうちはそれでも働けるかもしれませんが、加齢による体の痛みやちょっとした病気で仕事が一気に辛くなることもあり得ます。

それに、どれだけ必死に働いたって、収入はほとんど増えません。いつまで経っても生活は20代の頃と同じです。安アパートに住んで、毎日が節約生活。歳をとると体を悪くします。病院代だってバカになりません。老後資金など貯まるはずもなく、死ぬまで働き続ける暮らしです。

一生世間から逃げ回る暮らし

高齢フリーターはお世辞にも世間体が良いとは言えません。もしあなたが一生フリーターでも堂々と生きていける強いメンタルを持っているなら話は別ですが、多くの人はどこか自分への負い目を感じて暮らしています。

年に数回の親族の集まりや、ご近所さんと顔を合わせることに抵抗を感じませんか?兄弟や姉妹に子どもができたら、なんだか自分だけ置いていかれた気がするかもしれません。

そうこうするうちに、社会との関わりを自ら断つようになってしまいます。なんの罪を犯したわけでもないのに、こそこそと世間から隠れて逃げ回る暮らしです。

そして、その先に待っているのは、孤独な一生です。

結婚や子どもは夢のまた夢

結婚を意識している相手にとって、定職に就いていなことは、年齢に関係なくマイナス評価です。子どもを作る予定の相手ならなおさら警戒するでしょう。大切な我が子を露頭に迷わせたくはないですからね。

30代以上のフリーターの場合、正社員になれる可能性は極めて低いと判断されるでしょう。だから、結婚は絶望的と言わざるを得ません。

これは男性だけでなく女性も同じです。近年は男性の年収も年々減ってきています。妻や子どもが夫の稼ぎだけに頼るというのは収入源を一つに絞ることであり、非常にリスキーです。だからこそ、共働き世帯が増えているのです。

趣味や子どもにお金をかけたいと考えた場合、女性の稼ぎもある方が家庭としては安心ですよね。だから、男性も女性にある程度の経済力を求めるようになっています。

そういう意味では、30代を超えてのフリーターは男女ともに圧倒的に不利と言えるでしょう。

単純労働がAIに奪われる

最近の科学技術の発展はすさまじいものがあります。AIやロボット化が進むことで、誰にでもできる単純労働は無くなる可能性が高いです。もしそうなった場合、なんのスキルも経験もないフリーターは、職を失うことになるでしょう。

すると、待っているのは生活保護、もしくは路上生活です。

 

高齢フリーターのリアル|逆ギレして辞めていったおじさんアルバイターの話

居酒屋の画像

高齢フリーターになると、本当にいろいろな面で大変です。プライドや社会に対する負い目などの感情もあり、若いときのように素直に言われたことをこなすことが難しくなっていきます。

実際に私自身が高齢のアルバイトの方と働いて、なんだか世間の厳しさを感じたエピソードを紹介します。私が学生時代の話です。

私は大学に通いながら、飲食店のサービスのアルバイトをしていました。駅に近い繁華街にある個人経営のちょっとお高い感じの居酒屋です。従業員は店長と板前さんの他は、学生アルバイトが多い職場でした。

ある日、40代後半~50代前半くらいの男性アルバイトが入社してきました。なんでも昔に勤めていた会社が倒産して以降、転職先が見つからず10年以上アルバイトを転々としているようです。

その人はキッチンの調理補助の仕事に応募してきました。

最初の印象は表情が暗く、どことなくとっつきにくい印象でした。そして、その印象通り、コミュニケーションが取りづらく、なかなか職場に馴染めない様子でした。

仕事もあまり器用にこなせるタイプではありませんでした。

  • 声が小さく挨拶が聞こえない
  • メニューが覚えられない
  • ドリンクを間違えて用意する
  • 盛り付けが上手くなく、何度もやり直しをさせられる
  • 洗い物が遅く次々とお皿が溜まる

などなど、何かとやらかしてばかりで、キッチンからは板前さんの怒声が聞こえることもしばしばです。

息子くらいの年齢の男子大学生から注意されている場面も何度も目にしました。

「これ、前にも言いましたよね?どうしてメモ取ってないんですか?」と飽きれ顔で叱れらている様子は本当にいたたまれなく、胸が苦しくなりました。(かといって当時の私は親ほどの年齢の人にどのように話しかけたら良いかもわからず、何もできませんでした)

ある週末の夜、お客さんが多く忙しい日に事件は起こりました。

そのアルバイトのおじさんは、洗い物をこなしながらドリンクやフードを出すのが仕事でした。しかし、洗い物が溜まっていくなか、どんどん注文が追加され、仕事が遅いおじさんはプチパニックに。

板前さんから「一つずつ仕事を片づけなさい!」と注意を受けると、「もー!僕には無理です!むいてない!!」と一人逆ギレしてお店を飛び出して行ってしまいました。

私がおじさんを見たのはそれっきりです。

きっと溜まりに溜まった不満やうっ憤が爆発したのでしょう。考えてみると当然です。強面の板前さんからも年下の店長や学生からも毎日怒られプライドはズタズタ。社員以外は学生ばかりの空間でコミュニケーションを上手く取れずに独りぼっちです。

誰にも相談できず、助けを求めることもできず心身ともに限界だったのです。

そのおじさんは、何度もアルバイトを落ちてやっと拾ってもらったお店だと言っていました。逆ギレしたのは本人が悪いとは言え、なんともやるせない気持ちになったことを覚えています。

これが中高年フリーターのリアルです。

年下からは怒られ、後ろ指をさされ、理不尽な思いをし、それでも他に仕事がないから黙って耐えるしかありません。

世間は中高年フリーターにめちゃくちゃ厳しいです。それに、高齢になってからのフリーターはものすごく不自由です。なぜなら、高齢フリーターを雇いたい会社は少なく、選択肢はほとんどないのですから。嫌な職場であっても、生活のために簡単には辞められないのです。

だからこそ、一刻も早く「誰でもできる」仕事に就くことを止め、自分だけの職歴やスキルを磨いていかなければならないのです。誰にでもできる仕事では、将来につながるスキルや経験は絶対に得られないからです。そのためには、正社員として企業に勤めることが一番の近道です。

では、どうやって30代フリーターから正社員になれば良いのでしょうか?

たしかに30代以上の就職は厳しいです。けど、あまり知られてはいませんが、年齢不問で正社員の募集が盛んな業界もあるにはあります。そんな業界に上手く潜り込むことで、30代職歴なしフリーターでも人生一発逆転は十分可能です!

以下では、その具体的な方法をレクチャーします。

 

『30代の壁』を突破する方法|ぶっちゃけ30代どころか40代でも正社員になれます

ビル群を地上から見上げる画像(キレイな青空が見える)

30代職歴なしフリーターが正社員になるためには、どのような業界に飛び込むのが良いのでしょうか?

ここでは、狙い目の業界のポイントについて解説します。このポイントさえ押さえれば、30代どころか40代でも正社員で就業することができます。

成長産業を狙う

まず、大事なポイントの1つ目は、社会的に今後も需要がどんどんと伸びていくことが予想される業界を狙うことです。

考えてみれば当たり前のことですよね。これから需要が増えていくのですから、それにともなって人手も必要とされるはずです。だから、成熟しきった業界に比べて、新規参入がしやすいというメリットがあります。

また、成長産業は将来が明るいです。今後数十年にわたって確実に存続する業界ですから、もしその業界でスキルを得て職歴を作ることができたら、たとえ一時的に仕事から離れることになってしまっても、食いっぱぐれることはいでしょう。

成長産業でキャリアを築くことは、手に職をつけることとイコールなのです。

さらに、成長産業であれば新たなビジネスチャンスがゴロゴロと転がっています。キャリアを築き、人脈を作ることで、自分自身が労働者から経営者の側に周ることも夢ではありません。

ある程度経験を積み業界に対する理解を深め、自分たちで新しい事業を起こして一山当てることだってできそうです。成長産業は夢と希望にあふれているのです。

人手不足な業界を狙う

次のポイントは、人手不足な業界を狙うことです。

現在、日本は空前の労働者不足による売り手市場が続き、求職者に圧倒的に有利な状況です。その中でもとくに人手不足の業界は、もう喉から手が出るほど労働者がほしい。

本心では若手がほしくても、生きるか死ぬかの瀬戸際、そんなことを悠長に言ってはいられないのです。そこに、チャンスが生まれます。

人手不足な業界というのは言い換えれば求職者に不人気な業界です。

なかにはブラックな企業が多い点には注意しなければなりませんが、一方で、労働環境を改善して働きやすい職場を作ることで求職者にアピールしようとする企業もあります。そのような企業に上手く入り込むことができれば、安定して長く勤めることができるでしょう。

未経験の30代、40代向け求人数が豊富な業界を狙う

未経験の30代以上でも働ける業界は、実際に求人を探してみることで見当をつけることができます。

試しに転職サイトやGoogle検索で「実務未経験」かつ「30代、40代」歓迎の正社員求人を探してみましょう。特定の業界の求人がたくさん出てくるはずです。「実務未経験者歓迎」「30代~40代の男女活躍中」などの文言が並ぶ求人が多いほど、正社員で就業できるチャンスが多い業界です。

きっと少なくない求人の数に驚くはずです。

次はいよいよ具体的な話に移ります。30代フリーターからの一発逆転の一例として参考にしてください。

 

人生一発逆転を狙うなら介護業界!今後しばらくは正規雇用の需要大ですよ!

介護を表す車いすのマーク

結論からいうと、30代職歴なしフリーターから正規雇用を狙うなら、介護業界がおすすめです。

なぜなら、介護業界は成長産業かつ慢性的な人手不足で、30代や40代の正規職員の募集が盛んだからです。私自身、長年介護業界で勤めてきましたが、周囲には未経験・中高年から介護業界に入ってきて活躍している人がたくさんいます。

なかには50代前半から介護の仕事を始めた人もいます。介護業界は今、それほど新規参入しやすい穴場業界なんです!

なぜ私がそれほどまでに介護業界をおすすめするのか?もちろん自分が働いているということもありますが、ここでは、客観的なデータや事実から、その理由を紹介します。

30代未経験でも喉から手が出るほど欲しい!介護業界の現状と将来性

介護業界がおすすめの最大の理由、それは、将来性がめちゃくちゃあるからです。事実、今から40年以上も後の時代、2065年になっても介護の需要は衰えないと予想されています。

内閣府の『平成30年版高齢社会白書』によると、平成30年の時点で日本の高齢化率は28.1%。

ほぼ3人に1人が65歳以上の高齢者という状況です。将来的には日本全体として人口は減っていきますが、高齢者の人口が減少に転じても高齢化率は上がり続け、2065年には38.4%に達する見込みになっています。

人口は減り続けるのに、高齢者の割合は上がる一方。さらに、高齢者の中でも介護を必要とする人は年々増加の一途を辿っています。これは国としてなんとかしなければいけない緊急事態です。だからこそ、介護の仕事に携わる労働者が必要です。需要はこの先もずっと高いまま。むしろ、今よりも高くなるかもしれません。

そして、需要が高すぎるために競争率があまり高くないのも介護業界が狙い目の理由です。

事実、介護施設のじつに6割以上が人手不足を実感しているいうデータもあります。介護業界全体で人材獲得競争が激化しています。これはつまり、労働者の奪い合い合戦が起きているということです。

一労働者としては、このめちゃくちゃ有利な状況を利用しない手はありませんよね。

参考:
内閣府『平成30年版高齢社会白書』
公益財団法人 介護労働安定センター 『平成29年度介護労働実態調査』

介護業界は将来安泰です!なぜなら国のバックアップがあるから

さらに労働者にとって有利な状況が、国が介護職の待遇改善に本腰を入れ始めたことです。

たとえば、2019年10月よりスタートする『特定処遇改善加算』という制度は、経験や技能がある介護職員に対して、大幅な待遇の引き上げを図ることを意図して創られました。

国が公金を投入し、職場で最低1人以上、キャリアのある介護福祉士に対して、月額8万円以上の賃金アップ、もしくは年収440万円以上にするという仕組みです。

介護職員の人材不足が今後数十年にわたって予想される中、この手の待遇改善施策が実施されたことは大きな前進です。介護人材の定着が安定するまで、このような待遇改善策が次々と打ち出されることが期待できるのではないでしょうか。

介護の仕事は国の手厚い保護のもと、さらに優遇されていくことは間違いないといえます。

介護の仕事は肉体労働だけじゃない!事務職や経営者だって目指せます

介護の仕事といえば肉体労働ばかりがクローズアップされがちです。しかし、実際はそうではありません。介護とは高齢者や障がい者の身体を介護するだけでなく、生活全般にわたって支援することです。だからこそ、人の暮らしをさまざまな方向から支える複数の専門職が存在します。

なかには事務職や運営側の仕事もあります。

たとえば、介護職のキャリアパスの一つ、ケアマネージャー(以下、ケアマネと表記)です。ケアマネとは、介護を必要としている人について、その人に合ったサービスの計画を立てる仕事です。

具体的には、Aさんには通所介護のサービス訪問介護のサービスを、Bさんは訪問介護のサービスと短期入所のサービスを、という風に、一人ひとりの介護の必要度や家庭状況を考えて最適なサービスを組み合わせて介護プランを立案します。

もっとも、介護の仕事とケアマネの仕事両方を行っているケアマネも多いですが、それでも事務仕事の割合は増えます。

また、生活相談員という職種もあります。

こちらは関係者間の連絡調整役です。一人の利用者様について、介護スタッフをはじめ、ご家族やかかりつけの医師、看護師、地域の病院、理学療法士、作業療法士、管理栄養士など、多くの関係者が互いに連携をし合って介護を行います。

これら関係者の間に立って、連携を促すのが生活相談員の役割です。

さらに、一般の介護職から、たたき上げで施設長や事業所の責任者になる人もいます。ある程度経験を積み、独立して自分の事業所を開業する人だって少なくありません。

このように、介護に関わる仕事はなにも介護職だけではありません。最初は介護職から始めても、キャリアを積む過程で、別の職種に転向することだってできるのです。

 

「素人の私でも介護職なんて務まるの?」~そんな疑問に現役介護士がお答えします~

車いすに座る男性の足をフットレストに持ち上げる男性介護士

ここまでで30代職歴なしフリーターには、需要が高い介護職がおすすめだということをお話してきました。ですが、あちらこちらで「介護の仕事はめちゃくちゃ大変だぞ!」「絶対介護だけはやめとけ!」なんて声が聞かれるのも事実です。

そこで、ここでは、現役介護士である私が、世間が介護の仕事や職場について持っているイメージの真偽や、疑問について答えていこうと思います。

Q1.介護施設はブラックってよく聞くけど本当?

「介護職はブラックだからやめとけ!!」なんて忠告(?)がネットの世界ではよく聞かれます。

たしかに、多くの介護現場では慢性的な人手不足に困っていますから、長時間労働などの過酷な労働環境を課す職場もあるでしょう。

しかし、そうでない職場も確実に存在します。

実際、私の勤める施設では、週に2日はきちんと休めていますし、よほどのことがない限り休日出勤はありません。(あったとしても、別の日にお休みがもらえます)

それに、残業代はきちんと出ますし、月に3~4日程度ですが、希望休もちゃんと取れます。

私の嫁も介護士をしていますが、他の仕事に就く人と比べて長時間働いているということもありません。知人の話ですが、とある施設では、このご時世で3年連続退職者ゼロを記録しているそうです。

どこかブラックでどこがそうでないか。それは、業界で働いているとある程度わかってきます。

介護職員はいろんな施設を転々としている人も多いので、「どこどこの施設はひどいブラックだ」「あの施設は待遇が良いらしい」なんて話がよく流れてきます。そういう業界内部の話は、ネットに出ているような話よりも信憑性が高いと感じます。

介護業界についていえば、情報収集をきちんと行うことで、ちゃんと法律を守って運営している事業所を見つけることができますので、あまり心配しすぎなくてもよいかと思います。

とはいえ、はじめての介護の仕事はやっぱり不安ですよね。そこで、参考程度ですが、私が考えるブラック事業者に多い求人や面接の特徴をご紹介します。ぜひご活用ください。

ブラック施設の見分け方5つのポイント
  • 求人を頻繁に出している
  • 悪い口コミが多い
  • 面接後に即採用(正規雇用の場合)
  • 職員や利用者様の表情が暗い・挨拶がない
  • 同じ地域・同じ業態・同じ規模の事業者に比べて給与が異様に高い

Q2.人間関係が原因で仕事を辞める人が多いと聞いたことがある

人間関係の悩みは、何も介護に限った話ではありません。

しかし、慢性的な人手不足により、ネコの手も借りたいくらいに激務な事業所では、職員にも余裕がないので、他人に対して当たりがキツクなってしまうことはあるかもしれません。

聞いた話では、新卒で施設に就職した子が、先輩や上司に余裕がなさすぎて放置され、まったく成長できないままに自信をなくし、数か月で退職してしまった、という笑えない話もあります。

もしあなたが職場見学に行く機会があれば、職員や利用者様の様子を観察してみてください。

コミュニケーションが活発な現場であれば、職員同士の声かけや会話が盛んに交わされていますし、利用者様も明るく落ち着いた表情をされていると思います。反対に、どことなく現場の雰囲気が暗く、重々しい空気が漂っている職場は要注意です。

Q3.自分は潔癖症なのですが排泄介助ができるか不安

排泄介助に強い抵抗を感じる新人介護職員は多いです。実際、私も最初の半年は排泄介助がかなり嫌でした。でも、人間不思議なもので、毎日同じことを繰り返すうちに慣れてきて、少しずつ割り切れるようになっていきました。

自分の周りを見ても、排泄介助が苦でこの仕事を辞めたいと話はあまり聞かなかったので、大抵の人はすぐに慣れるのではないかと思います。

とはいえ、ネット上だと何年経っても慣れずに苦痛に感じている人もいるようですから、そこは「絶対に慣れて平気になるから大丈夫」とは言えません。そこは個人差も大きく影響すると思います。

ただ、個人的には、労働環境や人間関係に比べて、排泄介助がとりわけ大きな問題とは思いません。

また、潔癖症であることは介護の仕事ではじつはかなり大事な要素です。

たとえば排泄物や吐しゃ物(口から吐き出したもの)などには雑菌がたくさん含まれています。ですから、介護者自身が汚染に敏感でないと、抵抗力が弱い高齢者に菌を移し、危険にさらすことになるのです。

ネット上では、排泄介助やトイレ掃除を素手でやらせるというとんでもない施設があると聞きますが、そんな仕事のやり方は言語道断です。介護者の不潔から利用者様を感染症にでも罹らせてしまったら、どう責任を取るつもりなのでしょうか?

潔癖症な人はつねに利用者様や自分自身やお部屋の環境を清潔に保とうと努力するため、清潔保持ができるという点で介護職にとても向いていると考えています。

Q4.夜勤が心配

施設介護の場合、正規雇用で勤めるなら夜勤は必ずあると思った方が良いでしょう。夜勤では通常、一人で10~20人の利用者様をみることも多いです。昼間に比べて職員の数が少なくなるので、経験が浅い人は不安を感じることでしょう。

しかし、ご安心を。新人にいきなり夜勤をやらせる施設はまずありません。普通は最初の数か月は先輩と一緒に夜勤を経験し、慣れたら一人立ちという順序を踏みます。

夜勤を複数人で行う施設もあるので、一人が不安ならそういう施設を選ぶのも一つの手です。

夜勤ができると施設からもものすごく重宝されます。求人の選択肢も増えますし、手当がつくので収入も増えます。夜勤が無理という人より、夜勤OKの人の方が雇ってもらいやすくもなります。ですから、夜勤ができるに越したことはありません。

でも、小さな子どもがいるなどで夜勤がどうしてもできない場合は、夜勤対応がない求人を選ぶと良いでしょう。パートや派遣であれば、夜勤NGでも施設の求人はたくさんあります。

一方、ホームヘルパーやデイサービスならそもそも夜勤がないため、夜勤NGで正規雇用を探している人におすすめです。

 

ブラックな職場に捕まらないために~戦略的就活のススメ~

全身鎖で繋がれて絶叫している社畜の画像

介護業界には、正直なところブラックな職場が少なくないと感じます。過去に私が働いていた職場の中にも「ん?ここってブラックじゃね?」と思うところがありましたし、周囲からはとんでもないブラック職場の話もチラホラ聞きます。

なので、これから介護業界に入ろうと考えている人は、いかにブラックな職場を避けてまともな事業所に就職するかがとても重要です。

とはいえ、ブラックな職場を見分けることは決して簡単ではありません。求人や見学から得られる情報には限界があります。職場の当たりはずれは、実際に業界に飛び込んで働いてみるまでわかりません。

私のおすすめは、ひとまず派遣社員で複数の施設を体験してみることです。その理由を詳しく説明します。

「いきなり正規職員」は悪手!?まずは派遣で施設をじっくり見極めよう

一般的な傾向として、「ウチは未経験30代以上でも正規職員で雇います!」という求人は、保有資格や経験で応募者を選別している資格に比べて、労働条件や職場環境が劣る可能性が高いと思われます。

酷い人手不足で応募者を選んでいる余裕がないためです。

せっかく就職した職場がブラックだったら嫌ですよね?給与が低い・長時間労働・休日出勤当たり前・サービス残業・いじめやパワハラ、セクハラの温床etc…。こんな職場では、長続きしませんし成長も見込めません。

きっと介護の仕事が嫌いになってしまうでしょう。最悪メンタルを病み、うつ病を患ってしまうことも考えられます。

ですから、イチかバチかでいきなり正社員求人に応募するより、逃げやすく待遇もそこそこ良い派遣でいろいろな事業所を経験してみるのが良いと思うのです。まずは派遣で実務経験を積みつつ、資格取得を目指します。

派遣は雇用期間に定めがあるため、短めに設定しておくことで、運悪く肌に合わない職場に就職してしまってもすぐにおさらばすることができます。

それに、派遣の場合担当者がつきますので、何か不満や問題点があればすぐに相談することもできます。派遣先の内部事情にも詳しいことが多いので、思わぬ貴重な情報を聞けることもあるでしょう。

正社員になりたいのに派遣なんて本末転倒じゃないか!?

そんな声が聞こえてきそうです。ですが、ご安心ください。

介護業界は空前の人手不足です。正規雇用が数か月~1年程度遅れたところで、あなたのキャリアにほとんど影響はありません。それに、無資格未経験の人と、たった数ヶ月でも経験があり資格を持っている人とでは、応募できる求人の質と量には大きな差があります。

ここはひとつ、一生働ける職場を見つけるための準備をじっくりと整えようではありませんか。介護の仕事では職場選びがなによりも重要です。

ですから、派遣で理想の職場を探しつつ、事業者に選んでもらえるようあなた自身を磨くのです。それが介護業界の「戦略的就活」です。

介護業界では非正規でも実績になる

一刻も早く正社員にならないと」と、焦ってはいけません。

他の業界と違って、今の介護業界では、求人はいつでも出回っています。あなたがすべきことは、手当たり次第に求人に応募することではなく、世の中に出回る膨大な求人の中から、あなたが安心して働ける職場を見つけ出すことです。

さて、介護業界ではたとえ非正規であろうと、立派な実績として認められます。

そのため、まったくの素人に比べて、数か月派遣で働いた経験がある人の方が、求人の選択肢は圧倒的に豊富です。もちろん、なかには経験者のみが応募できる質の高い求人もあるでしょう。

また、派遣の場合、経験を積めば積むほど待遇は上昇します。実例として介護派遣で長年勤めていた私の友人の場合をご紹介します。

友人の派遣会社では、半年ほど勤めたところで時給が100円アップしたそうです。

たったの100円でも、1日8時間で月に22日働いたとすると、100円×8時間×22日=17,600円の給与アップです。

派遣の時給が1,000円だった場合、月収は1,000円×8時間×22時間=176,000円です。これがわずか半年後には時給1,100円になり、月収は1,100円×8時間×22時間=193,600円に増えます。

193,600円もあれば新卒の初任給とほとんど変わりません。昇給が早いという点で、なかなか魅力的な仕事だとは思いませんか?これは無資格・未経験からスタートした場合です。経験に加え、資格を取るとさらに待遇は上がります。

介護業界では資格が重視される

介護業界では介護技術や知識の客観的な証明として、資格が非常に重視される傾向があります。介護福祉士の資格を持っていると1万円くらいの資格手当がつきます。(資格手当がないところや、極端に低いところもありますが・・・)

介護福祉士や社会福祉士、ケアマネージャーなど高度な知識と経験が必要とされる難関な資格が有名ですが、初心者が勉強をはじめて数か月で取れるような簡単な資格もあります。

その比較的取りやすい簡単な資格でも、目に見えて待遇が変わるのが介護のお仕事です。

友人の場合、未経験からはじめて半年で資格を取得しました。すると、派遣の時給が100円上がったそうです。さらに、正規雇用への就職活動では、今までにない有資格者限定の求人を紹介してもらえるようになったそうです。

結果的に、その友人は資格を取得してひと月ほどで、気に入った施設が見つかり、無事就職できました。

このように、介護業界では、まったくの未経験者が少しの努力で取れるような資格であっても待遇やチャンスが大きく変わります。なので、資格は絶対に取るようにしましょう。

 

未経験者が介護施設に就職するなら働きながら資格が取れるサービスを活用せよ!

机に広げられた資格勉強の参考書やノート類

右も左もわからないままに介護業界に飛び込むと、ブラックな施設に就職してしまい挫折するリスクが非常に高いです。だからこそ、経験を積み資格を取得し、さまざまな施設を体験して介護業界の内情を理解してから、腰を落ち着ける職場を探した方が絶対に上手くいくと思います。

そこで、経験+資格を簡単にゲットでき、しかも就職を手取り足取り支援してくれる無料サービスをご紹介します。

それは、介護の人材紹介サービスです。

イメージとしては、派遣や転職支援サービスの介護業界バージョンと考えてもらうとわかりやすいかと思います。いろいろな業者がありますが、受けられるサービスや紹介してもらえる求人はそれぞれで異なります。

私が個人的に介護業界未経験の方に向いていると感じるサービスは、「かいご畑」というサービスです。

かいご畑の公式サイトを見てもらってもわかりますが、このサービスは明らかに介護業界未経験者を狙い撃ちしています。なので、これから介護を目指す人には非常に使いやすいと思われます。

以下では、かいご畑が介護業界未経験者に最適だと思う理由を紹介します。

 

かいご畑で人生一発逆転の第一歩を踏み出そう

「かいご畑」HPのトップ画面のキャプション

画像引用:かいご畑

「かいご畑」は派遣・正社員・パートの求人を扱う人材紹介サービスです。

私が「かいご畑」をおすすめする理由、それは、さきほどご紹介した「ブラック事業者につかまらない安全な就職活動」ができるからです。

ポイントは3つです。

かいご畑が未経験者の就活に向いている3つの理由
  1. 働きながら無料で資格を取得できる
  2. 派遣で短期間のうちにいろいろな施設を経験することができる
  3. 専属の担当者がついて就職支援を受けられる(もちろん派遣から正規雇用への切り替えがいつでもできる)

それぞれについて、詳しく解説します。

働きながら無料で資格が取れる

かいご畑特有の制度に、『キャリアアップ応援制度』というものがあります。

これは、無料で資格取得のための講座を受けられる制度です。講座を受ける条件は、かいご畑に派遣社員として登録して、派遣の仕事を6カ月間続けることです。

介護業界で資格が重要な理由はすでに説明した通りです。資格があれば待遇が目に見えて変わりますし、質の高い正規雇用求人が紹介してもらえます。入門者向けの資格は介護のことをまったく知らない初心者でも少し勉強すれば取れるので、取らない理由がありません。

さて、「かいご畑」の無料資格講座『キャリアアップ応援制度』ですが、講座は派遣で就業してすぐに申し込むことができます。資格取得までの期間は、約半年間です。

無料で受けられる資格講座は、以下の3つのうちから1つを選びます。

介護職員初任者研修
昔はヘルパー2級と言われていた介護の入門者資格です。介護をまったく知らない人でも簡単に取れる資格です。それにも関わらず、給与や待遇に反映される場合も多く、持っていると確実に有利になります。
実務者研修
介護業界で上を目指すなら絶対に持っておきたい資格です。国家資格「介護福祉士」を受験するためには、実務者研修の取得が必須だからです。初任者研修の内容に加えて、より幅広い範囲をじっくりと時間をかけて学習します。
介護福祉士の受験対策講座
その名の通り、国家資格「介護福祉士」の受験対策講座です。そもそも実務経験や実務者研修の資格がないと介護福祉士は受けられないため、介護未経験者にはあまり関係のない講座です。介護業界で経験がある人が、転職を有利に進めるために受ける講座という位置づけになります。

このうち、最もおすすめなのが、実務者研修です。

初心者研修で学べることはすべて実務者研修でカバーされていますし、「介護福祉士」の受験資格にもなるからです。初心者研修の上位版資格に当たりますが、介護未経験者でも普通に勉強すれば取れる資格です。

私の友人もまったくのゼロからはじめて、半年くらいで実務者研修を取っていました。

『キャリアアップ応援制度』を使って無料で受けられる資格は3つのうち1つだけです。介護業界で上を目指すなら絶対に「実務者研修」を受けてください。いずれ必ず必要になる資格ですから。

ちなみに、それぞれを『キャリアアップ応援制度』を利用することなくニッソーネット(「かいご畑」の運営会社)の講座に申し込んで受講した場合、介護職員初任者研修は74,000円、実務者研修は135,000円、介護福祉士受験対策講座は16,000円かかります。

費用の面でも実務者研修が一番お得です(笑)

短期間のうちにいろいろな施設を体験できる

「かいご畑」が介護未経験者におすすめな理由の2つ目は、派遣に登録することで短期間のうちに複数の職場を体験することができる点です。(無料の資格講座は派遣登録が条件です。そのため、資格を取得するまでは必然的に派遣で働くことになります)

何度もご説明しているように、介護の職場がブラックなのか働きやすい職場なのかは、求人情報からだけでは正確に判断できません。

最も信頼できる判断基準は、自分の体験です。実際に働くうちに自分が許容できる条件と絶対に譲れない条件が明らかになっていきます。自分なりの基準を持つことで、就職活動の際にぴったりの求人を見つけやすくなります。

そもそも何もかも完璧な職場はほとんど存在しません。たとえば、給与は抜群によいが仕事がハードとか、待遇はイマイチだけど人間関係がとてもよく居心地がよいとか、良い面もあれば悪い面もあるのが普通です。

そのなかで、あなたが大事にしたいポイントと、そうでないポイントが明確になると、就職活動で迷うことがなくなります。

また、あとの話にも関わりますが、求人を紹介してくれる専属の担当者にあなたの価値観や大切にしたいポイントを伝えることで、希望にぴったりの求人を紹介してもらえるようになります。

紹介してもらった求人が希望と違う・・・」ということは転職あるあるなので、それがなくなることは意外と大きなメリットなのです。

専属の担当者がついて就職支援を受けられる

3つ目の理由は、プロのアドバイザーがあなた専属でついてくれることです。困ったときに気軽に相談ができます。

たとえば、職場に大きな不満があり、クレームを言いたい場合、直接上司や役員にそれを伝えるのは気がひけるもの。担当者に不満を訴え、間接的に職場に伝えてもらうことで、状況が改善することもあり得ます。

あるいは、あなたが自分のキャリアや将来について迷いや不安を抱えたとき、担当者に相談してみましょう。

担当者は介護業界を熟知したプロです。当然、介護職員のキャリアパスや業界の今後についても詳しい知識を持っています。なにか今後の指針になるような有益なアドバイスが得られるかもしれません。

そして、担当のアドバイザーが最も頼りになるとき。それが、あなたが経験を積み、資格も取り、いよいよ正規雇用の求人を探すときです。

派遣のときと同じ担当者が、あなたの希望に沿った求人を探してくれます。この頃になるとお互いの人となりも知っているはずなので、求人とのマッチング率も高いはずです。

また、今の派遣先が気にいったなら、正規雇用の交渉をしてもらえないかと頼むこともできます。「かいご畑」を利用して就職した知人によると、派遣で勤めていた施設に正規職員として就職する人は多いみたいです。

さて、めでたくあなたはお気に入りの施設を見つけ、内定をゲットすることができました。ここでも、担当者に活躍してもらいましょう。なんと、内定先に対して、自分では言い出しにくい給与アップなどの条件交渉をお任せすることもできるのです。

一人で就職活動をすることに比べて、プロのアドバイザーが担当についているのは大きなアドバンテージです。担当者の豊富な知識、経験、人脈、交渉力を使い、就職活動を有利に運んでください。

 

かいご畑の口コミは?

口コミをイメージさせる吹き出しの図

さて、ここまで読まんでくださった方の中には、「かいご畑」の口コミが気になる人もいるのではないでしょうか。

ですが、結論から言うと、「かいご畑」に関しては、あまり口コミは参考になりません。

というのも、そもそもネット上で見られる口コミの件数そのものが多くないからです。絶対数が少ないために、「数名の人がこう言っているから」とそのまま鵜呑みにはできません。

ですが、一応調べましたので、あくまで参考程度ですが、良い口コミと悪い口コミをご紹介します。

良い口コミ

親切な対応でした。

年齢的なものもあり、40代転職に比較的積極的な介護職での就職も視野に入れ応募しました。
地域、年収、求人条件を絞り検索した後、しばらく経ってサイトのオペレーターから電話も今現在の仕事の状況、働き初めの時期等色々聞いて頂き、数件の条件にあった求人を紹介して頂きました。
現職の職種は介護職ではありませんでしたが、条件内で未経験での勤務可能な施設をわずかな時間で探して頂いたのは、すごく介護業界においてネットワークが広いなと感じ、また通常では電話がかかってくると、尻込みをしてしまいがちですが、オペレーターの方の親切な応対に感心し非常に交換が持てました。

引用:みん評「かいご畑の口コミ・評判」

こちらは良い口コミです。親切で仕事熱心なオペレーターにより、40代未経験からでもすぐに就職先が見つかった例です。

悪い口コミ

登録だけで終わった

登録面談まで行き、紹介を受けたのは一件のみ、その後どれだけ時間が経ったでしょうか?何の連絡もありませんでした。

引用:みん評「かいご畑の口コミ・評判」

こちらは悪い口コミです。

先ほどの例とは売って変わって、ほとんど求人を紹介してもらえなかったようです。悪いアドバイザーに当たってしまったのか、運悪く条件が折り合う求人がなかったのか・・・。今となっては知るすべはありませんが、登録したからと言って100%満足できる仕事が見つかるとは言えない現実を表しています。

とはいえ、アドバイザーとの相性が悪ければ、担当の変更を申し込んでも良さそうです。実際、一般的に、人材紹介業者の担当者は異議があれば変更してもらうことができるからです。

なぜ口コミが参考にならないのか?

かいご畑に関して言えば、巷の口コミはあまり参考にならないと考えられます。

理由は2つ。1つが、先ほども言った通り、あまりにも口コミ件数が少なく、全体の傾向が読み取れないからです。

もう1つの理由が、人材紹介サービスは、利用した人の状況によって結果が大きく異なるためです。

仕事熱心な人が担当につくと、良い口コミのようにすぐに希望の求人が見つかるでしょうし、実力不足な担当者に当たってしまうと、希望に沿わない求人ばかりを紹介されてなかなか仕事が見つかりません。

また、サービスを利用する人が、就職しにくい事情を抱えていたら、求人は見つかりません。

極端な例ですが、肉体労働できないくらいの怪我を抱えているとか、求人の選り好みが激しく能力に釣り合わない仕事を求めているとか、社会人にふさわしくない態度や振る舞いをしているとかだと、さすがに人手不足の施設でも雇いたいとは思わないでしょう。

さらに、地域によっても求人数は変わります。都市部だと多いですし、地方だと少なくなるのは想像に難くありません。

以上の理由から、口コミからはこれらのバックボーンが読み取れないため、書き込んだ人の評価がそのままサービスの評価には当てはまらないのです。

サービスの良し悪しを手っ取り早く知るには、実際に利用するのが一番です。かいご畑は無料ですから、たとえ自分に合わなくても何も損しません。担当者だって気に入らなければ変えてもらえばいいのです。

口コミの評価はほどほどに、あくまで参考程度に留めておきましょう。それで行動できないのはもったいないです。良いか悪いかを決めるのは他人ではなく、あなたなのですから。

 

教えて!かいご畑の派遣の仕事について

空にQ&Aの雲が浮かぶ写真

介護未経験者は、「かいご畑」を使って無料で資格を取得できる派遣の仕事からスタートするのがおすすめです。

ここでは、気になる派遣の仕事の中身についてみていきましょう。

収入はどれくらい?

実際に「かいご畑」を利用した友人によると、無資格・未経験の場合、時給1,000円スタートのようです。(友人は関西エリアで利用したためこの時給でした。もしかしたらお住まいの地域によって変わるかもしれないので要確認です)

当時、友人は1日8時間、週5日で働いていました。月収は、1,000円×8時間×22日=176,000円前後です。

働き始めてから半年の時点で経験による昇給+100円、資格取得による昇給+100円となりました。そのため、この時点で基本の月収は1,200円×8時間×22日=211,200円です。経験を積み夜勤も可能になったので、これに夜勤手当がつきます。

派遣では交通費も全額支給です。バイクや車でも、ガソリン代相当が支給されるようです。

このケースは「かいご畑」の派遣で働いた場合の収入です。当然のことながら、派遣からパートや正規雇用に切り替えた場合、待遇は就労先の施設の規定が適用されることになります。

週3日勤務でも大丈夫?

派遣やパートの場合、自分の都合に合わせて働ける求人を紹介してもらうことができます。この辺は「かいご畑」に限らず非正規であればどこも同じですね。

私の施設でも週3~4日勤務の派遣の主婦さんがたくさんいますよ。なかには小さなお子さんがいるため、朝からお昼の15時までなどの契約の人もいます。

なので、「今は子どもが小さくて正規雇用で働けないけど、いずれ子どもが大きくなったら正規職員になりたい」という人でも、派遣なら家庭の事情に合わせて経験を積み資格を取得しながら働くことができます。

事情があって夜勤ができないんだけど・・・

正直なところ、正規雇用の場合、夜勤ができないのはけっこう致命的だったりします。ホームヘルパーやデイサービスはともかく、施設の場合は求人数がかなり限られるでしょう。

一方、派遣の場合は、施設であっても夜勤NGでも大丈夫な職場はたくさんあります。実際、ウチの派遣さんで夜勤NGな人も普通にいます。逆に夜勤は手当がもらえるし稼げる、ということで夜勤専門で働く人もいます。

働き方に融通が利くのは派遣の大きなメリットですね。

はじめての介護は不安・・・

はじめて挑戦することはとても不安ですよね。きっとほとんどの人はそうです。私も、就職したての頃は何もかも不安で、毎朝緊張して朝ご飯が喉を通りませんでした(笑)

でも、「かいご畑」の派遣では、あなたは一人ではありません。経験豊富な専任のアドバイザーがついています。だから、どんなに些細なことでも不安に感じたことがあれば、すぐに頼っちゃいましょう。

不安といえば、就労前に職場の見学ができるのは派遣の良いところです。

「かいご畑」では、職場(主に施設)を見学したあと面談を行い、就業の条件やルールを確認します。見学や面談には担当者が同席していますので、気になった点はすぐに相談できますし、アドバイスももらえるので安心です。

さらに、「入職前研修」や「ほっと倶楽部Web」というWEBセミナーを無料で受けられるのも安心ポイントです。

これらのサービスでは、介護に必要な最低限の知識やマナー、入職前の心構え、コミュニケーションスキルなどが学べます。

さて、はじめての介護の仕事では、最初の派遣は最短の2ヶ月での契約でスタートするのがおすすめです。もし最初から長期の契約をしてしまうと、もし職場が合わなかったときに困りますからね。

最初は短期間で契約して働いてみて、もし続けられそうなら契約を更新すれば良いし、イマイチなら別の職場を紹介してもらうと良いでしょう。

ちなみに、資格取得には「6ヵ月間の派遣での就労が絶対条件」という話をしましたが、同じ施設に6ヵ月間勤める必要はありません。

あくまでかいご畑の派遣で半年以上働くことが条件ですから、たとえば施設Aに2ヶ月、施設Bに4カ月勤務した場合でも講座無料の条件はクリアとなるのでご安心ください。

仕事をしながら資格取得講座に通えるの?

資格取得講座は基本的に自宅学習がメインになります。実務者研修で通学回数は6回だけです。

それに、そもそもはじめから資格取得のために通学があることを前提に採用されるので、講座の受講日はシフトが融通されるはずです。

なので、働きながらでも無理なく学習に励むことができます。

やっぱり正社員になりたい

「かいご畑」では派遣だけでなく正社員の求人紹介も行っています。なので、派遣から正社員への切り替えは。派遣期間満了のタイミングであればいつでも可能です。

派遣をしながら無料講座に通い、資格取得後に正規雇用の求人を探す人が多いようです。資格取得までの期間は半年程度ですから、1年以内には正規職員になれているのではないでしょうか。私の友人は無資格未経験から派遣で働き始めて、7ヵ月目で正規職員になりました。

もし派遣先の職場をとても気に入ったなら、そこで正規職員として雇ってもらえないか交渉してもらうこともできるようです。その場合は、担当のアドバイザーに相談してみましょう。

反対に、働きが認められると職場の方から正規雇用の声がかかることもあり得ます。この辺は人材獲得競争が激しさを増す介護業界ならではのメリットですね。

ただし、資格取得前に正社員に切り替えると無料で資格が取れなくなるので注意してください。

 

一生不安定な非正規なんてイヤ!という人は今すぐ登録を

スマホをにこやかに見つめる女性の写真

30代職歴なしフリーターから正社員を目指す道はそれほど多くはありません。

誰にでもできる仕事で食いつなぐフリーターは、スキルが身に着かず経験としても認められないケースが多いので、即戦力が欲しい企業はあまり採用に積極的ではないのです。

20代であればポテンシャル重視で採用されやすいですが、30代以降になるととたんに就職が厳しくなります。フリーターは若いうちはまだいいですが、50代、60代もなると体力的にも精神的にも厳しくなってくるでしょう。

老体にむち打ちながら働き、子どもや孫ほどの年齢の先輩・上司に頭を下げるのは誰だって嫌なはずです。

そうならないためにも、一刻も早く手に職をつけることが大切です。

日本は空前の売り手市場です。あなたがまだ30代や40代なら間に合います。とくに需要が急速に伸びている介護業界なら、無資格・未経験からでも正規雇用への道が拓かれています。

ただし、介護業界でも他の業界と同じく、若ければ若いほど、また、経験や資格はあればあるほど有利なのは変わりません。とくにホワイト求人は競争率が激しくなりがちです。

少しでも良い待遇の職場への就職を希望するなら、一日でも早く行動した方が絶対に良いです。少しでも有利な状況に身をおいて、いざ働きたいと思える職場に出会ったときに選んでもらえるような人材でいることがなによりも大切です。

だからこそ、アルバイトでもパートでも派遣でもなんでもいいので、勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

介護の場合専門職なので、たとえ非正規でも、週3日勤務でも、夜勤ができなくても実務経験としてみなされます。

「かいご畑」なら派遣で登録することで、介護業界では超重要な資格を無料で取ることができます。おまけに業界知識が豊富な専任のアドバイザーが担当につくので、介護初心者の人でも安心です。

一度登録したらしつこく電話がかかってこない?

そんな心配がある人は、最初の電話でハッキリと「介護職になるかどうかはまだ決めていなくて、情報収集だけしたいんですけど・・・」と伝えておけば大丈夫です。後からしつこく勧誘されることはありません。

もし気になる求人があればチャレンジすれば良いですし、なければそれっきりでもOKです。

「かいご畑」には無資格・未経験者に有利な条件が揃っています。まずは登録だけでもしてみて、情報を集めることから始めてみましょう。

それが新たな人生の第一歩になるかもしれないのですから。

追伸

無資格・未経験から介護の世界に飛び込んだ人は山ほどいます。私だって最初は右も左もわからない素人からのスタートでした。それが、周りに支えられて、自分でも勉強して、今ではこうして介護の役立つ情報を発信することもできています。

これから介護の仕事を始める人にとって一番大切なことは、一から学ぶ姿勢だと思います。

たとえ今は介護のことを何も知らなくても、謙虚な姿勢で一つずつ学んでいけば、いつかは必ず多くの人から必要とされるプロフェッショナルになれるはずです。

介護業界は将来安泰です。この先もずっと世の中から必要とされる仕事です。だからこそ、業界が新しい人材を求めている今がチャンスなのです。国も業界も新しい人材の呼び込みと育成に必死です。成長の環境は十分すぎるほど整っています。必要なものは、あなたの行動だけです。

あなたの一歩があなたの人生を変えます。不安定な生活は一転し、安定した暮らしが待っています。趣味も贅沢も結婚も子どもも車も一軒家も諦める必要はありません。

登録すれば、あとは担当者に任せておくだけで資格も仕事も案内されます。拍子抜けするくらい簡単ですよ。嫌になればいつでも辞められるので、気軽な気持ちで行動してみてくださいね。

働きながらタダで介護資格が取得できます。

一昔前までは、3K(きつい、汚い、給料安い)と言われていましたが、現在は大部分の環境が改善されています。

なぜなら、少子高齢化が進んでいること、介護士の数が圧倒的に足りなくなっているからです。なので今後も待遇が改善されていく可能性高い業界なのです。

無資格、未経験からでも可能。求人も多いので仕事がなかなか見つからない人でも就職することが出来ます。それをクリアするために「かいご畑」という求人サイトを利用します。

派遣の仕事をメインに紹介する会社ですが、タダで介護資格が取得でき、働く時間など要望も反映してくれるのでライフスタイルに合った仕事に就くことができます。登録は無料なので、求人をみておくだけでも参考になること間違いありません。

介護職は施設の職場環境によって、労働環境や人間関係が大きく左右されます。正社員と違い派遣社員であれば、早めの損切りが出来るのでリスクを考慮してもベストな選択です。


正社員にこだわる場合は、「マイナビ介護職」が求人数を豊富に抱えていることから、ほぼ一択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です